日々のかけら

田口実千代「日々のかけら」Mitiyo Taguti All rights reserved.

鎌倉に

久々鎌倉に行って来た。でも遅く出たからあっという間。
神奈川県立近代美術館で藤牧義夫展を見る。版画家の人。16歳で上京して独学で木版がを学び、24歳で行方不明に。東京がきっと変わっていってる頃で、東京の町や橋が版画で描かれていた。構図が面白いのあった。そんな中、水彩のさらっとしたスケッチ良くて魅かれるものがあった。
別館見て、ぶらぶら小町通歩いて、小川軒でレーズンウィッチちょっと買って、そしたらあっという間に日も暮れた。鎌倉駅の近くでごはん食べたけどいまいち。今度行く時は早く家を出よう。

近代美術館から

別館から

別館の近く、みかんの木があった

鎌倉駅の近くのごはんやさん、いまいち